ファッションセンスがアップするペンダントの付け方

プレゼントに最適な商品

チョーカー、プリンセス

ジュエリー

ネックレスやペンダントは、指輪と並んで女性へのプレゼントによく選ばれるものの一つです。彼女や妻、お母さんなど女性への贈り物として外せないですね。ペンダントは普段の洋服や着ける人によって印象がかなり変わります。気をつけて選ばなければ、実際にプレゼントしても女性にとって好みのものでなかったり、見た目は好みでも着けてみると似合わなかったりと喜ばれない場合もあります。男性から女性へペンダントのプレゼントを贈る場合は、まずペンダントの長さの種類を抑えましょう。ペンダントには主に5つの種類の長さがあり、それぞれに呼び方があります。中でも約35〜40センチの長さのチョーカーは、一番幅広く使えるペンダントです。首元がすっきり見え、スーツにも合うので、冠婚葬祭にもよく使われます。また次に長い40〜45センチのプリンセスと呼ばれるペンダントも基準サイズと言われており、ワンピースや胸元の開いたブラウスなど様々な場面で使えます。初めはチョーカーやプリンセスタイプのペンダントが無難でおすすめです。残りの3つは長さが胸元から下まであるものなので、普段アクセサリーを身につけない方に贈る場合や、長さのあるネックレスを身につけない方には、難しく感じるかもしれません。しかし、長さのあるネックレスは縦のラインを強調する効果があります。そのため、大人っぽく見せてくれるので、ワンピースをよく着る方やおしゃれな方であればきっと喜ばれるでしょう。

長さなどで異なる種類

レディ

ペンダントはネックレスの一種であり、ほぼ同じものとして扱われていますが厳密には違うものです。ネックレスは首回りを装飾するアクセサリー全般をさすもので、ペンダントはその中でもペンダントトップと呼ばれるアクセントがついているものをさします。ペンダントとはそもそも「ぶら下がったもの」という意味があり、何かがぶら下がっているかどうかの違いがあります。ペンダントの種類は、装飾品としてのものと、思い出や大切なものを持ち歩くためのものという種類があります。大切なものを持ち歩くためのものは、ロケットともいわれています。なかに写真や思い出の品物を入れられる容器がついていて、四六時中大切なものを持ち運べるようになっています。こうした性格のものは、装飾品というよりも財産や必需品の一種といえるでしょう。また、長さによってネックレスは名前が異なり、ペンダントもそれに準じて呼び方が変わることがあります。短いものから、チョーカー、プリンセス、マチネー、オペラ、ロープと続きます。チョーカーは首回りにほとんど隙間無く巻きつけたもので、「締め付けるもの」という意味があります。チョーカーに関しては、アクセントがあってもペンダントではなくチョーカーと呼ぶことが多いです。プリンセス、マチネーは一連でつけられる比較的短めのネックレスで、ペンダントはこのタイプが多いです。オペラ、ロープになるとかなり長くなるので二重でつけることも多くなります。

ハートモチーフはおすすめ

女の人

ハートをかたどったペンダントは、多くの女性から好まれるデザインの代表格です。多くの女性からハートモチーフが好まれる理由は、その可愛らしさはもちろんのことモチーフに込められた意味も関係しています。ハートモチーフには、生命や愛情・幸福の象徴などのポジティブな意味があり、人の心を表してもいるモチーフです。そして、おまじない的な効果もあり、永遠の幸福や恋愛の成就などをもたらすとも言われています。そのため、恋人や親からハートモチーフのものを贈られるとその効果が強く表れるモチーフです。恋がしたい人や好きな人を振り向かせたい人・幸せな結婚をしたいと望む人にはおすすめのモチーフです。もし、女性にアクセサリーを贈りたいならハートモチーフのペンダントを選べば喜ばれること間違いないでしょう。ハートモチーフの小さいものを選べば、普段から身につけてもらうこともできます。そして女性側からすれば、ペンダントはいくらあっても邪魔にならないものです。最近はペンダントのカラーが豊富にあり、ホワイトゴールド・イエローゴールド・ピンクゴールドの3色があります。一番人気のあるカラーは、肌馴染みの良いピンクゴールドで日本人女性の肌に一番しっくりくるカラーと言われています。イエローゴールドは、華やかさがあるため、光があたるとキラキラしてしまうので身につける時と場所を選ぶ必要があります。その点、ピンクゴールドは悪目立ちすることなく肌にしっくりと馴染むカラーです。ホワイトゴールドは王道のカラーですが、イメージはクールなイメージになります。